2017年5月21日日曜日

『出逢えた幸せ』第二章:迷う心とタバコ味の……(25)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(25)



ブログ版↓





 車は、山手の方に向かって走り、そのうち閑静な住宅街に入って行った。

 何処に行くのか、全く見当もつかずにいると、車が公園の前で静かに停まった。


「え?ここ?公園?」


 不思議に思って、運転席へ目を向けると、透さんは、フロントガラスを指差した。


「前を見てごらん」

「…… わ……ッ」


 車の前方は、行き止まりになっていて、ガードレールの向こう側に、都会の夜景が広がっていた。

 たくさんの色の光が、あちらこちらに飛び散って、キラキラしていて、道路を走る車のライトが、すごく遠くで、ゆらゆら揺れているように感じる。


「凄い綺麗……。こんな住宅街から夜景が観れるなんて、思わなかった」

「でしょ?夏になると河川敷とかでやってる花火大会とか、ここからよく観えるんだよ」

「へえー、ここからだと、夜景と花火が一緒に見えて綺麗だろうなー」

「うん、綺麗だよ。夏になったら、一緒に観よう」


 透さんが、そんな事を言うから、ふと、夏に透さんが浴衣を着て花火を観てるとことか、想像してしまう。

 透さんの浴衣姿なんて、きっと粋に着こなして、すっげえ色っぽいだろうな。


「なんか、俺の顔についてる?」

「え、いや、何もっ!」


 透さんの顔を見ながら、浴衣姿想像してたから焦って、何でもないふりして、前の夜景に目を向けてごまかした。


「本当に綺麗ですね」

「うん、外で観るのは寒いけど、車の中からも楽しめるし、ここは穴場だね」


なんかまるで、普通にカップルが夜景デートしてるみたい。…… なんて思うと、透さんが何故この場所を知ってるのかと疑問が浮かんだ。


 ―― 彼女とデートで来た事があるとか……?


 そんな事を考えたら、少し気持ちがへこんでしまうなんて、俺、単純すぎるんだけど……。


「ね、直くん、車の中だし、寒くなければ、そのコート脱いで欲しいんだけど」

「え?コート?」


 コート、確かに車の中は、暖房が効いていて暖かいし、コート着てると少し暑いかもだけど。脱いで欲しいって?なぜ?


「折角可愛い服を着ているのに、コート着てるとよく見えないから……」


 はにかみながら、透さんが言った。

 透さんと一緒にいることに夢中になってて、俺は、自分がこんな恰好してるなんて、うっかり忘れていたから、透さんの言葉に、ちょっとびっくり。

 それに俺は、コートでこの恥ずかしいワンピースを隠してるんだけど?!


「服は、可愛いかもだけど、俺、男だし、よく見えなくていいよ!」


「駄目かな……」


 透さんが、黒目がちな目を、パッチリと開けてお願いしてくると、こ…… っ断れないんだから!


「いい…… ですけど、恥ずかしいから、ちょっとだけだよ?」


 うんうん、と頷く透さん。

 姉ちゃんとか、テルさんとか、啓太とか、透さんまで、なんで皆、こんな変な格好が好きなんだよっ。

 俺はシートベルトを外して、コートを脱いで後の座席に脱いだコートを置いた。


「これでいい?」


 俯き加減でチラっと運転席を見上げると、透さんもシートベルトを外して身体ごとこちらを向いて、恥ずかしいくらい俺のワンピース姿をまじまじと見つめてくる。


「と、透さん、そんなに見られると……」


 ―― 恥ずかしい……


 と、言おうとした言葉が、運転席から身を乗り出してきた透さんの唇に塞がれて、遮られてしまった。







fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿