2017年5月25日木曜日

『出逢えた幸せ』第二章:迷う心とタバコ味の……(27)

\
 ★画像クリックで目次ページ


fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(27)



ブログ版↓




「ちょッ、あッ……、あ」


 長い睫を伏せて、溢れる出る先走りを舐め取って、そのまま先端から咥内へと呑み込んでいく。 その横顔がエロ過ぎて、俺の半身が更に硬度を増した。

 俺は慌てて、倒したシートに預けていた上体を起こし、透さんの肩を押し退けようともがいた。 気持ち良過ぎて、すぐにイッてしまいそうなんですけどっ。

 
「と、ぉるさん、ダメッ…やめっ」

「直くんは、夜景を観ながら、ただ感じてて」


 快楽に流されて、弱い抵抗をする俺を、透さんは、そこからいったん口を離し、上目遣いで見つめて艶然と微笑んだ。


「や…… やけ、い……って」


 フロントガラスの向こうに広がる、美しい夜景。

 なんか、空を飛んでる気分になってきた。ふわふわって。

 それもこれも、透さんの舌遣いのせい。

 女の子にしてもらった事もあるけれど、男同士だからか的確に感じるところを攻められて、今までに感じた事のない気持ち良さ。

 時々きつく吸い上げられて、震える身体を抑えられず、水位が一気に上がる。

 裏筋を舐められて、カリを刺激され、蜜口を舌先でなぞられて、もうそこまで来ている絶頂を逃そうとして身体が強張った。


「ぁーーッ!だ、だめ……ッ」


 また咥内に呑み込まれ、透さんの唾液と俺の先走りが混じり合う水音が、すごく淫らなことをしているみたいで、それだけで興奮してしまう。

 喉に当たる程、奥まで咥え込んで、透さんが時々見せる苦しそうな表情に、余計に煽られた。


「は…… ァッ、あッ、もっ……、出るッ、離し……っ!イクッ……ッ」


 透さんの艶やかな黒髪に指を挿し入れ、頭を離そうとしたその瞬間、堪えきれずに、透さんの咥内に欲を吐き出してしまっていた。

 外の寒さと、車内の濡れた空気。 うっすらと曇ったフロントガラス。 その向こうの夜景を眺めながら、俺は、力の抜けた身体を、再びシートに沈めた。

 ぼんやりとした頭で、視線を戻すと、透さんはまだそこから唇を離していない。


「……ッ!と、ぉる、さんッ!、」


 最後まで搾り取るように吸い上げて、白い喉を上下させる。そして耳に届く、ごくりと飲み干す音。


 ―― 俺の、飲んだー!?


 驚いて声が出ない俺を、濡れた唇を舐めながら、見上げてくる漆黒の瞳。


「どうだった?夜景を見ながらイクのは」

「…… 透さんっ……」


 そんな事訊かれても、恥ずかしくて応えられないでしょっ。

 冗談だよって、透さんは笑ってるけど、その顔は色気が溢れていて、イッたばかりの下半身が、また反応しかけるのを、俺は必死に抑えていた。






fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿