2017年6月1日木曜日

『出逢えた幸せ』第二章:迷う心とタバコ味の……(31)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(31)



ブログ版↓




「なーーお、呑んでるか?」


 突然、俺とゆり先輩の間に、啓太が割って入ってきた。


「あ?うん、呑んでるよ」


 啓太の吐く息が酒臭くて、頭を後に逸らしたのに、啓太はお構い無しに、ずずっとその顔を近づけて、俺の耳元で囁いた。


「あんま、ゆり先輩を独占すんな」


「え?」


「前に忠告しただろーぉ?」


 そういえば、そんな事言われたな……。


「わかってるってば」

「ホントーに?  ホントに分かってんの?」


 啓太のやつ、かなり酔ってるみたいで、なぜだかしつこく念を押してくる。 


 ――『ゆり先輩のことを好きな連中に、目ぇ、付けられてたらヤバイと思ってさ』


 啓太はあの時、俺のことを心配してそう言ってくれたけど、ただ一緒にいるだけで、恨みとか買ったりするかなぁ?

 女の子が話しかけてきてくれて、それで気が合って……、仲良くなったとして、何かいけない理由でもあるんだろうか?

 そんなことを考えていると、そろそろ飲み会は終わるらしく、少しずつテーブルを片付けられているのに気が付いた。

 俺はあんまり酔ってないし、準備も参加してなかったし、トイレに行ってから手伝いに行こうと、酒臭い啓太を避けて立ち上がった。   


「俺、ちょっとトイレ……」


「んぁー、いってらっさいー」


 もう既に出来上がっているらしい啓太は、俺と入れ替わりに、俺の座ってた席に座り込んだ。

 いつの間にか、ゆり先輩はカウンター席から移動したらしく姿が見えない。

 店の奥のトイレに向うと、トイレの前に長い列が出来ていた。 女用と男用と別れてるけど、どちらも混んでいる。 女の子も、男用の方にも並んでいて、収拾がつかなさそう。

 ―― 店の外に出て探すか……。

 店の入っているビルの中のどこかに、トイレがあるかもしれない。と、思って、出口に向かいかけると、後から腕を掴まれた。


「直くん、トイレならこっちにもあるよ」


 振り向くと、腕を掴んでるのは、ゆり先輩で、俺をカウンターを挟んで、トイレと反対側の店の奥へと引っ張っていく。


「ここ」


 そう言って開けたドアには、スタッフルームと書かれている。


「え、いいの?ここ入っても?」

「うん、大丈夫だから、入って」


 ゆり先輩は、なぜか慣れているらしくて、先に中に入っていく。 俺も続いて中に入ると、小さな控え室みたいになっていて、椅子と机と小さいクローゼットが置いてある。


「ここよ」


 入り口ドアから見えない位置にトイレのドアがあった。


「お、助かる」


 遠慮なく入らせてもらって、用を足してトイレから出ると、ドアの前でゆり先輩が待っていた。


「あれ?ゆり先輩も、トイレ?」


 訊いた途端、ゆり先輩に体を押されて、トイレの中に逆戻りさせられた。


「え?え?」


 トイレに入ると、後手に鍵をかけるゆり先輩。 まさか、ここでヤルってか?


「あ、あのー、そろそろ店の片付けしてるみたいだったし、手伝わないと」


 その後でゆっくり二人きりになれば良いんだし?って思うんだけど。


「いいじゃない、ちょっとだけ、ここでサボろうよ」


 そう言って、大きくて柔らかい胸を俺の胸に押し付けるようにして、抱きついてくる。


 ―― はぁ~、柔らかい~、やっぱり女の子って気持ちいい。


 しかし大胆だな。こんな所で…って、ゆり先輩は、なんでこのトイレの事知ってるんだろ?


「ねえ?ゆり先輩って、ここにトイレある事、なんで知ってるの?」

「ああ、桜川くんと前に付き合っていた時、よくこの店にも来たからね」








fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿