2017年6月14日水曜日

『出逢えた幸せ』 第二章:迷う心とタバコ味の……(42)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(42)



ブログ版↓



 長椅子に座ったまま、やっと服を整え終わったところで「立てるか?」と、訊かれて「はい」と、応えたものの、足に力が入らなくて。

 立ち上がって一歩踏み出した途端に、足が縺れて床に崩れ落ちそうになったところを、その人の腕に支えられた。


「危ないっ、大丈夫?」


 身体がふらついて、そのままトンッと、その人の胸に頭を預ける形で体重をかけてしまった。


「…… っ」


 肩を抱き寄せられるように支えられて、また身体がぴくっと反応してしまう。

 実は、未だに俺の半身は萎えるどころか、勃ったままの状態で……。


「おい?どうした?」


 なんだかさっきよりも息苦しくて、心臓もドクドクしていて、身体が熱い。 荒い息が治まらなくて、上下に肩を動かしていた。


「おい、勇樹……、何を飲ませた?」


 その人が振り返って、桜川先輩に訊いている。


「別に…… 酒飲んでただけだよ」

「うそつけ」


 その人の強い口調に、桜川先輩が不機嫌そうな声で言い捨てる。


「兄貴の部屋のクローゼットに、隠してあった薬だよ」


 ―― え?薬?


 薬なんて、飲んだ覚えは無い。

 つか、兄貴って……。 この人は桜川先輩のお兄さん……、つまりこの店のオーナーなのか。


「あ……」


 ―― 桜川スペシャル……。


 桜川先輩が作った、あのカクテルを飲んでからだ。 身体が妙に敏感になって、熱くなったのは。


「ばかやろう! 何を勝手に持ち出してんだ」

「別にいいだろ?兄貴だって、楽しみたい時に使ってんだろ?」

「アホか」


 はぁーっと、長い溜め息を一つ吐き、その人は俺の身体を支え直した。


「ごめんな。 身体、辛いかもしれないけど、歩けるか? 送っていくから」


 俯く俺の顔を覗き込みながら、その人は申し訳なさそうな声で、そう言った。


「…… すみません…… 大丈夫ですから」


 そうは言ったものの、顔を上げる力もなく、俯いたままの視界は、床の木目しか捉えていない。


「いいから俺に掴まって。 外に出たら気分も良くなるかもしれない」


 支えられてなんとか歩けるけれど、酒を呑み過ぎた時のようにフワフワしていて、足元は不安定だ。 支える為に腰に腕を回されただけで、身体の熱がまた上がった。


「おいお前ら、ちゃんと店の後片付けしておけよ。 適当に済ませてたら後で痛い目見るぞ」


 最後にその人は、先輩達に脅しの声をかけて、俺の身体を支えたまま店の重そうなドアを開け、外へゆっくりと歩き出した。







fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿