2017年6月30日金曜日

第三章:身体と愛と涙味の……(5)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第三章:身体と愛と涙味の……(5)



ブログ版↓





「あはは、そんなに指、締め付けたら動かせないだろ?」

「ん、ぁ……ッ、おにぃ…… さッ……」

「お兄さんじゃないでしょ?みっきーでしょ?」


 クスッと小さい笑い声を漏らして、指で身体の中を弄りながら、背中に啄むようなキスを落としていく。


「んん、あ…… ッ、みっ…… き…… ぃ?」

「そうそう、みっきーだよ」


 背後から聞こえてくる、愉しそうな声。

 お兄さん…… じゃなくて、みっきーは、俺が背中が弱い事を発見したのが、愉しくて仕方ないようだけど、俺は背中の快感がそのまま下半身に伝わって笑えないんだけど。


「ねえ、とおるさんとは、何回くらいしたの?」

「へ?」

「ここ、あんまり慣れてないようだけど?」


 言いながら、中の内壁を押し広げるように指を回転させる。


「ああ…… ッ…… そんな、慣れてなんか……ッ」


 透さんとは……、年末に会った時は何度もしたけど……、それでもまだ、入れられる時の圧迫感に息が詰まる。


「ふぅーん、それは、ちょっと嬉しいかも」

「え…?……あ……ッ !」


 身体を反転させ、仰向けになった俺の足を大きく開かせて、中を探る指が増やされる。

 気持ちの好い処を、わざと外して動く指に焦らされて、知らずにシーツをを蹴ってもがいてしまう。


「直は、やらしーな」


 言われて、顔が熱くなった。


「可愛いから、イイとこ触ってあげるよ」


その言葉を聞いた瞬間、その場所を押し潰すように抉られて、身体が跳ねた。


「あ…… ぁッ!」


 何度も何度も、同じ場所を攻められて、とっくに張り詰めている半身がドクンと水位を上げて、限界が近くなった。

 もう少しでイキそうで、思わず伸ばした俺の手を、みっきーに払い退けられてしまう。

 不満を目線で訴えるように、みっきーを見上げると、悪戯っぽい目つきで笑われる。


「ダメだよ、自分で触るなんてエロいな、直は」


 そう言って、羞恥で顔が熱くなっている俺を見下ろしながら、ニットとインナーのTシャツを脱ぎ捨てた、彼の上半身に釘付けになった。

 服を着ている時は、背格好が透さんに似ていると思っていたのに……。

 厚い胸板や、逞しい腕、綺麗に割れた腹筋は、まるで西洋の彫像のようで……。 透さんも、程よく筋肉のついた、しなやかで美しい身体だったけど、この人は、もっと逞しいと言うか……。

 今の状況も忘れて、暫しみっきーの身体に見惚れてしまっていた。


「そんなに見つめられたら、俺も感じちゃうよ」


 にやにやと冗談を言いながらベルトを外し、ボトムを一気に脱ぎ捨てて、全裸になったみっきーに、思わず息を呑んだ。


 ―― なんか……、でかくねぇ?


 俺のだって、小さいわけじゃない…… 標準よりは上だと思ってるんだけど……。


 ―― いや、今まで見た中で、一番デカい…… AVで観たことのある外人のアレみたい……。


 それが、先端から透明の液を零しながら、硬く反り返っている。


「ね? 直の中に入りたくて、ウズウズしているんだよ」


 その言葉と、目の前の雄々しい昂ぶりに、身体の奥に不安だか期待だか、分からない疼きを感じてしまう。


 熱い切っ先を後ろに押し付けられて、シーツを強く握りしめた。


「あっ…ッ !」


 入り口をこじ開けるように、ゆっくりと先端が挿ってくる。 その大きな感触に身体が強張った。


「き、っついな…… もう少し力を脱いてよ直」

「ん……、あぁッ!」


 みっきーの手が、逃げる俺の腰を掴んで引き戻した瞬間、ググッと奥へと入って、あまりの苦しさに息が詰まった。


「動くよ」


 俺の応えを待たずに、みっきーは律動を始める。


「ま、待っ…… あっあっ」


 抗議する間もなく、いきなり一番感じる処を先端で突き上げられて、強烈な刺激に下肢がぴくぴくと痙攣する。

 ぎゅっと瞑った瞼の裏に閃光が走った瞬間、俺の腹や胸辺りに熱い飛沫を感じた。








fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿