2017年6月4日日曜日

『出逢えた幸せ』第二章:迷う心とタバコ味の……(33)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(33)



ブログ版↓



 
 胸の膨らみを掌で包んで柔らかく揉みしだき、ツンと尖った乳首を指先で転がした。


「あぁ…… ん、や……っ」


 ほら、先輩の喘ぐ顔も、めちゃ可愛くて色っぽいしっ! 何より、ゆり先輩のおっぱい、デカくて柔らかくて気持ちいい。


 ―― あれ?…… 息子ちんがまだ、ピクリとも反応しないんですけど。


 酒呑んだから? ―― いや、そんな呑んでないぞ。

 ゆり先輩の腰を撫でながら、スカートをたくし上げ、その中へ手を挿し入れていく。 太股を下から上へと、ゆっくりと撫で上げて、辿り着いた薄い下着の上から、割れ目を中指でなぞった。


「あ、ぁ…… ん、だめ……」


 そこは下着の上からでも分かるほどに、既にぐっしょりと濡れていて……。

 これは、興奮するしかないでしょ?!


 ―― あれっ?あれ???  なんで?


 ゆり先輩が、俺の尻をやわやわと触って、ジーンズの後ポケットの中に手を入れてきた。


「…… ね? 直接触っていいよ?」


 『いいよ』って言ってるのに、強請るように甘い声。


「え? あ、うん」


 言われた通り、下着の隙間から指を入れて………。


 クチュクチュ……


 厭らしい音が、トイレの中に響く。


「あ、っ…あぁ……ん、なおくん、も、挿れて…… いいよ」


 え?

 いや、そうしたいと思ってるんですけど……。


 ―― 俺の息子ちん、勃ってないからっ! 


 俺は苦し紛れに、ゆり先輩の唇を塞いだ。

 これは何とかしなければ! 気まずくならないように、この場をしのぐには……。

 優しく、優しく、咥内を舌で愛撫して、ゆっくりと名残を惜しむように、唇を離した。

 下着と、ワンピースを、綺麗に整えてあげて、優しく抱きしめて、顔を上に向かせて、ありったけの笑顔で微笑んで……。


「やっぱり、トイレなんかで、ゆり先輩を抱くのは、気がひけるから、今日はここまでで我慢する」


 と、残念そうに言ってみる。…… 納得してくれないかな。


「えー! ん~、しょうがないな、じゃあこの後ホテル行く?」


 やっぱり…… うん、やっぱりそうくるよね。 でも、今夜はもう俺……。


「ごめんね、今夜は 実家に帰ってくるように言われてるし、ゆり先輩とは、ゆっくり楽しみたいから、また今度でもいいかな?」


 ゆり先輩は特別だから、ゆっくり楽しみたいってとこ強調して、なるべく可愛くお願いしてみる。


「そっかぁ、帰らないといけないんじゃ、ゆっくりできないしね……。じゃ、また今度にしよっか」

「うん、ごめんね」


 納得してくれて、本当に良かった。 俺は、心の中で溜め息を吐く。

 また流されて、先のことも考えずに、やっちゃうとこだったから。 出来なかったのは、もしかしたら、これはこれで良かったのかもしれない。


「じゃ、私二次会行こうかな」

「うん、楽しんできてね」


 先に戻っててと言って、ゆり先輩を先にトイレから出して、俺は一人トイレの中に残り、便器に座り込んだ。

 はぁー、それにしても…… まさか女の子に欲情しなくなったとか、じゃないよね。






fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿